ゼロサムブログ

ゼロサムゲームであるFX…トレーダーとして生き抜くためのブログ

ユーロ/トルコリラ 18日間運用での損益は? | トルコとクルド人の関係性を知るべし

f:id:writer036bloger:20191027165622j:plain
ひっさびさの更新ですね。実はこのブログ、あまりにもヘタクソ過ぎだと気づいたので、ブログのタイトルから記事の構成まで、思い切ってリライトしてしまいました。実績報告もあまり意味を持たないものばかりだったので、ほぼ削除してスッキリ読みやすい記事だけに絞ってみました。今後も工夫を凝らし更新していきますね。

では本題です。2019年10月、久々にユーロ/トルコリラをトレードしてみました。今回はその実績と詳細をご紹介!

 

 

 

 

ユーロ/トルコリラを2週間ガチホしてみた

以前もユーロ/トルコリラのスワップ運用としてトレードしてきましたが、今回トルコリラが弱含み傾向にあったので、ちょっとだけ売り上がりしてみました。

f:id:writer036bloger:20191026160417p:plain


最初に投入したポジションは10月7日で 1000通貨(0.1枚)。さすがに、ちょっとビビりすぎたので、その後は 5000通貨(0.5枚)を5本投入となりました。それぞれ成り行きで入ったので売り上がった間隔はマチマチです。

  • EUR/TRY ショートポジション 合計2.6枚
  • トレード期間: 10月7日〜10月25日まで(18日間)
  • XM TRADING Micro口座 MT5
  • レバレッジ 888倍
  • 口座資金 約15万円

日足では、ボックスとなり大きな動きにならないと予想し売り上がりましたが、その後、まさかの「トルコ軍シリア国境へクルド人武装勢力と衝突へ!」もう、あちゃーですよ!このままグイグイ上昇したら大損するところでしたが、トランプ氏がきっと火消しに必死(時期大統領選のために)になるだろうと妄想しポジションはそのまま続行することに… 結果的にはアメリカ側と150時間停戦合意で落ち着いたことで助かりました。

 

 

 

約2週間ガチホした結果は?

 トルコとアメリカによる停戦合意は150時間であり、週末リスクも気になってしまったので、利確ポイントであった"6.37000"に到達する前でしたが、週末クローズする直前でポジションを全て手動で決済しました。

 

f:id:writer036bloger:20191027170735j:plain

f:id:writer036bloger:20191027170745j:plain

f:id:writer036bloger:20191027170754j:plain

f:id:writer036bloger:20191027170804j:plain

f:id:writer036bloger:20191027170818j:plain

f:id:writer036bloger:20191027170831j:plain


18日間運用した結果…

  • ポジション損益: +37,501円
  • スワップ損益:     +12,581円
  • 損益合計:            +50,082円

 

最新!10月26日現在のユーロ/トルコリラのスワップは?

XM TRADING での最新 EUR/TRY スワップは…

f:id:writer036bloger:20191027175411j:plain

少しずつ売りスワップの、うま味が下がりつつありますね。それでも、1万通貨で1日275円も発生する通貨ペアは国内FX口座でもありません。

 

EUR/TRYスワップ運用ならXM TRADINGがオススメ

 

私は XM TRADING でトレードしていますが、海外口座に抵抗がある方で"EUR/TRY"をスワップ運用したい場合は、国内FX口座で唯一取り扱いのある LION FX で取引可能です。

FX取引ならヒロセ通商へ

 

国家を持たない世界最大の民族「クルド人」を知る

トルコリラを取引するにあたり、トルコの内情を知ることも重要です。その中でも、今回問題になった「クルド人」との関係性も重要です。トルコ軍の戦闘の火種としてのリスクが高いからです。クルド人について調べると、その歴史や、周辺国、さらに同盟国へと結びつき、中東におけるトルコの内情も理解することができるはすです。

www.sankei.com

 

さいごに

今回、久しぶりに"EUR/TRY"のトレードに挑みましたが、XM TRADINGではスワップ自体、トレーダーにとって不利な状況にあるのは確かです。その中でもユーロ/トルコリラは破格なスワップを得ることが可能なので、リスクは高いがリターンも大きいことが特徴となります。なので資金管理は数ある通貨ペアの中でも極端に注意すべきペアであり、ギャンブルトレードにならなければ大きなリターンもさほど難しいことではないと考えます。今後もユーロ/トルコリラは常にチェックしていきますね。