ちょっと得するFX

海外FX口座に特化した記事を書き綴ります。

[ユーロ/トルコリラ]スワップ投資!23日間運用で原資に対し2.2倍の利益達成!

f:id:writer036bloger:20190603084221j:plain

4月から10万円を原資として、ユーロ/トルコリラのスワップ投資を開始しましたが、GW明けと同時にゼロカットされる事態に!

www.036trader.work

 

 

 

損失に打ちひしがれていても何の解決にもならないので、即10万円を再入金し、リベンジトレードをすぐに再開した記事はコチラ▼

www.036trader.work

 

 

ユーロ/トルコリラ スワップ運用の結果は?

前回同様、原資10万円を再投入し、5月8日から運用開始。

日足75EMAのサポートが底堅いと予想し、スプレッドも考慮し75EMAの少し上(6.55000)に指値をセット。5月30日、指値にヒットし無事に利確することができました。

f:id:writer036bloger:20190603054108j:plain

 

ユーロ/トルコリラ スワップ運用の結果 

▼ 23日間のスワップ運用実績はコチラ

f:id:writer036bloger:20190603063537j:plain



トータル2.6枚のポジションを、23日間運用した結果…

利ざや損益:    +181,238円

スワップ損益:   +43,536円

トータル損益: +224,774円

 

今回は絵に描いたような完璧トレード!天井まで売り上がり、着地点を欲張らずに利確を目指したこと、すべて予定通り!もう少し時間がかかると思っていましたが、天井ついてからの下落が早かったのでスワップ狙いという点では、もう少しゆっくりと下落して欲しかったかなと。

 

ユーロ/トルコリラ スワップ運用が稼げる理由とは

ユーロ/トルコリラというペアですが、低金利路線のユーロと、高金利通貨の代表でもあるトルコリラのペアなので、金利差が非常に大きく故にスワップも異常です。

5月中のスワップ推移(XMの場合、スワップは変動式)は、1枚あたり1日、650円〜750円くらいで上下していたと思われます。このようにスワップの高さはトップクラス!20日ちょっとの期間、しかもたった2.6枚で4万円以上のスワップが付く通貨ペアは他にないんじゃないか!って思います。

 

高スワップは証拠金維持率の助けになる

1日あたり、たった一枚でも750円ものスワップがあるので運用期間が長ければ長いほど得します。ですがユーロ/トルコリラに関しては長期上昇トレンド中なので、瞬間的な爆上げがロスカットを誘発してしまいます。潤沢な資金があれば別ですが、ある程度の資金で小さくポジションを取り積み重ねていき、スワップによる維持率上昇もプラスに働くので、このペアの運用はやり方次第でヘビー級に稼げるポテンシャルを秘めていると感じています。

時間があれば、今までの経験を踏まえたトレード方法を記事にしてみたいと思います!

 

[ユーロ/トルコリラ]取り扱うFX業者が少なすぎる

XMで扱う通貨ペアは非常に多く、このユーロ/トルコリラも例外ではありません。

国内業者でも「LION FX」が扱っていますが、XMと比べるとスワップのうま味は全くありません。高ボラティリティというリスクを取りながら国内業者でのスワップ運用は難しいかもしれませんが、チャンスがあればアリだとも言えなくもないですね。

 

 ▼国内FX業者で唯一の[EUR/TRY]が取引可能

 

さいごに

ユーロ/トルコリラのスワップ運用は、正直なところリスクが高いトレードです。そのリスクを避けるためにはエントリータイミングが重要で、そのタイミングをじっくりと待つことを徹底すべきだと思います。

 

 

▽EUR/TRY 最強スワップ運用はXMだけ

 

合わせて読みたい

www.036trader.work