ゼロサムブログ

ゼロサムゲームであるFX…トレーダーとして生き抜くためのブログ

ユーロ/トルコリラ | 究極の高スワップ運用にチャレンジしてみた

f:id:writer036bloger:20191012170006j:plain

今月前半(2019年4月)のFXも上々の滑り出しで利益も既に20万円を超えたので、現行の「マイナススワップで利益を減らしてでも利ざやで稼ぐ」トレードにプラスして、別のスタイルを同時進行することになりました。いわゆるスワップ運用なのですが、一般的な地道過ぎるスワップ運用ではつまらないので、ちょっとだけ冒険してみることにしました。

 

 

 

 

スワップ投資とは?

スワップ投資といえば、基本的に大量の資金を投入しレバレッジを極端に下げ、利ざやを稼ぐよりも、日々の「スワップ」を積み重ねる投資方法です。

スワップポイントとは?

f:id:writer036bloger:20190412092610j:plain

 

FXの投資メリットのひとつが「スワップポイント(金利差)です。
政策金利は各国によって異なります。現在、金利が低い通貨の代表格が日本円やユーロで、金利の高い通貨の代表格は、南アフリカランドやニュージーランドドル(NZドル)です。日本円のような金利の低い通貨で、NZドルのような高金利通貨を買って、決済せずに保持している間は、その金利差を毎日、利息のようなかたちで受け取ることができます。トレードによる売買差益とは別に、得たスワップポイントだけを出金することも可能です。
実際のスワップポイントは日々変動しますが、2018年6月20日のNZドル/円を例に挙げると、買いスワップは1万通貨あたり31円。普通預金等と比べて格段に高い投資利回りが魅力となります。

引用元: DMM FX

 

スワップ投資は、日々のスワップポイントを積み重ねる投資なるので、保有ポジションが少なければスワップも当然少なくなります。ポジションを多め且つ長期運用をしない限りそれなりの利益は見込めません。しかも為替自体の値動きにも対応させるために証拠金維持率に余裕を持たせ、レバレッジは極力低くする努力が必須となります。私は過去に国内FX業者◯◯FXでのシステムフリーズで大金を失いました。 こうならないためにも、業者選びは慎重に行うべきです。

 

www.036trader.work

 

スワップ運用は業者選びが重要

単純ですがスワップ運用となるとスワップポイントの高い業者を選ぶ必要があります。スワップポイントは業者によりマチマチで、日々のスワップを積み重ねることで利益を上げることを目的としているだけに、絶対条件はスワップの高い業者選びが必須となります。

 

トレイダーズ証券[みんなのFX]

 

高金利スワップ投資にチャレンジ

利ざやを稼ぐトレードで今年は既に1万円を超えるマイナススワップを払っているのですが、これは私が利用する海外FX口座XM TRADINGの特徴で、ロング、ショートポジション共にマイナススワップもあり、 XMでのスワップ運用は厳しい状況です。

 そんな逆境の中、異様なほど高いスワップを得られる通貨ペアが存在します。

そのペアは EUR/TRY(ユーロ/トルコリラ)

ショートのスワップはなんと…2019年4月現在 1万通貨(1枚)で 710円/日

これだけ高いスワップは、国内FX口座ではあり得ません。2年前は 300円/日くらいでしたが去年くらいからトルコ情勢がよろしくない事態に陥ってます。

 

 

 

EUR/TRY ユーロ/トルコリラのリスク

  • トルコ情勢 
  • 流動性が極めて低い
  • USD/TRYの動きに連動
  • 長期トレンドは常に上昇トレンド
  • スプレッドが異様に広い

ショートポジションは完全なる逆張りで、信じられないほどボラティリティが高く1日で1000pipsとか当たり前のように上下し、XM TRADING ではスプレッドも狭くて80pips、開くと250pipsも拡大します。一般的にポジションを取ろうとは思わない通貨ペアかと。しかも国内口座ではヒロセ通商【LION FX】 のみ扱っている通貨ペアなのでマイナー中のマイナーです。

 そのヒロセ通商【LION FX】 でのスワップは XMに比べて倍以上低いスワップポイントなので、ユーロ/トルコリラでのスワップ運用は確実にXM TRADINGが有利です。

 

 

 XMに比べ、LION FX ではスワップの旨味は薄れてしまいますが、国内FX口座だからこそのメリットも存在します。

  • スプレッド
  • 出金コスト無し
  • 100%信託保全

国内口座であるメリットは「安心」と「手軽さ」です。業者がまさかの倒産に陥ってしまった際、預けている資金を保証してくれる制度や、出金に関わる手数料がゼロなので、いつでも手軽かつスピーディーな出金が可能です。

 

FX取引ならヒロセ通商へ

 

気になるユーロ/トルコリラ運用方法

私のスワップ運用方法は至ってシンプルです。

スワップ用に、XM TRADINGサブ口座を追加して現在の利益分から、スワップ用口座へ10万円を振替ました。

  • 資金10万円
  • EUR/TRY売り上がり
  • 100pips上がる毎に0.1枚売り

基本これだけです。

100pips毎に0.1枚の売り注文をズラーっとセットしておくだけ。

このEUR/TRYの怖いところは、上への暴騰がハンパない!実は過去2回ゼロカットされています(泣)危険を承知でやっていたので大金は入れず利益分でやっていましたが、1日で数千pipsとかあるので資金管理は通用しない通貨ペアです。

特に週明けは危険で、窓が空いた瞬間に口座残高がマイナス90万円とか表示見て青ざめましたが、XM TRADINGの「ゼロカット」システムに救われたこともあります。なのでストップは入れません!ゼロカットがストップ代りです。と言うことは、10万円を全て失う覚悟ってことでもあります。

 

f:id:writer036bloger:20190412134729p:plain

 

2019年4月9日より開始、現在(4日目)既に9ポジション約定(4日間で900pips動いてます)し保有枚数0.9枚です。スワップは合計1,562円となり、含み損は7千円くらいです。どう考えても、このままだと一撃暴騰でゼロカットですよね。取り敢えずはどこまでいけるか、このまま続行してみたいと思います。