ズボラトレログ

海外FX口座に特化した記事を書き綴ります。

FXで[MacBook pro]買えるくらい溶かしたついでに「ゼロカット」解説しちゃうよ

f:id:writer036bloger:20190419202442j:plain

4月17日、とうとうやってしまいました。

 

今年初のゼロカット!その額なんと268,024円!

 

今年は負けなしで邁進し、あまりの絶好調ぶりから雑で大胆なトレードに…トレンド転換のサインも見なかったことにし、自分を無理やり正当化させた結末は…予想通りゼロカットの刑に処されました。

 複業で収益出たら「MacBook pro」を新品で買って、スタバでドヤろうと思ってたのに…逆に見ず知らずの人に「MacBook pro」買ってあげちゃった感が辛いです(笑)

 

 

 

[XM Trading]でゼロカットされるとどうなるの?

普段、国内口座をお使いで[XM Trading]を使ったことない方にはピンとこない「ゼロカット」システム、せっかく大金溶かしたのでリアルな「ゼロカット」の仕組みを解説しちゃいます。

 

[XM Trading]には追証がない

ゼロカットとは、その名の通り口座内の証拠金がゼロになるとロスカットされる仕組みです。国内口座では近年ロスカット比率が上げられる傾向にあり、最近では維持率100%でのロスカットが一般的になりました。当然、維持率100%を切れば追証請求されるわけですが、XMでは追証という概念はなくゼロカットで終わります。

 

厳密には「ゼロカット」ではない場合もある

最終的には口座残高ゼロとなるのですが、実は状況によって必ずしも100%カットされるとは限りません。

 

 

カットの開始は証拠金維持率が20%を切った時点で開始されます。

例えば、私がよくやる売り上がりや、買い下がりはポジションを細切りにした形になるのでポジションの本数が多い状態となります。この状態で維持率20%を迎えると、現在値から一番遠い(含み損の多い)ポジションからカットされ、状況によってはポジションが残る可能性もあるのです。

ですが、XM利用者はハイレバレッジ運用が基本、レバレッジが高ければ証拠金維持率を保つこと自体、大変なのです。

 

▽ 下の損益は昨日ゼロカットされたリアル口座の履歴です。

f:id:writer036bloger:20190417121428p:plain

  • balance EXP06: 口座に残っていたXMポイント(1円分)
  • credit credit out: ゼロカットによって失ったXMポイント(1円分)
  • balance EXP01: ロスカットされた際に生じた口座不足金の充当分(29,586円分)

ハイレバレッジ運用の場合、急激な値動きの際のロスカットはスリップが生じやすく、今回の状況は中国重要指標時のロスカットだったのでスリップ発生しました。スリップにより口座残高を割り込み、マイナス29,586円の口座不足金が発生しましたが、XMではゼロカットが前提となるので口座履歴には不足分の29,586円は「balance EXP01」としてXMから充当され、ユーザーが不足金を支払うことはありません。

 

とにかくXMの強制ロスカットは「ゼロ」で終えると認識しましょう。

ちなみに国内口座では、もし口座不足金が発生した場合、状況にもよりますが支払い義務が生じるので注意が必要です。実際に私は業者のシステムフリーズによる口座不足金を支払った経験があります。ハッキリ言って地獄です。

www.036trader.work

 

 

ハイレバレッジとゼロカットは相性が良い

ゼロカットを導入している業者は、ハイレバレッジでの運用が可能な業者が多いです。国内業者の場合は国の規制でレバレッジは最高で25倍と決められているので、これ以上のレバレッジは利用できません。

XMのような海外業者の場合は数百倍のレバレッジは基本です。

当然、大量の資金をハイレバレッジで投入してポジションを大量に保有するなんてことはしないと思いますが…ハイレバレッジの場合、熱くなってギャンブルトレードになり易い点が欠点と言えます。レバレッジが高ければ高いほど、資金に見合わないポジション取りが出来てしまうからです。こうなったら既にギャンブルで、しかも負け戦になり易いので注意が必要です。

 

ハイレバレッジの活用は断然「少資金トレード」がオススメ

資金が少なければ、最悪の事態になっても「ゼロカット」により「入金した資金を全て失う」という明確な結末が見えているので精神的余裕が生まれます。ハイレバレッジが槍ならばゼロカットは盾となり、強気のトレードで利率を高める可能性も上がると考えます。

ここで大切なのが出金。利益はなるべく出金(サブ口座でもOK)することです。失敗や不慮の損失の行き着く先はゼロカットなので利益確保を最優先し、なるべく複利運用を控えましょう。今回の敗因はココ!複利とハイレバレッジで急激に利益を上げていた矢先の無茶トレードで爆損。

 

 まとめ

ゼロカットに至った経緯は週末の週間実績に書こうと思います。さすがに、まとまった金額を溶かすと意気消沈してしまいますね。今月は7万円?くらいマイナスになりましたが、今年通算ではまだプラスを維持しているので、また一からやり直す気持ちで再開したいと考え中。スワップ運用は継続中なので、これこそロスカットされないように注意しないとですね。この運用も週間実績で書いてみます。